開発アプリケーション

カスタム開発したVR空間は、リアル空間とは違った効果が得られます。
新たな顧客へのアプローチや業務効率化を叶える有効な手段になり得ます。

01 inTOWN Cloud

VR空間内にセールスボット(チャットボット)とアナリティクスを搭載することができるコンテンツ。モデルハウスやショールーム内をチャットボットとやりとりすることで、ユーザーの理解・共感を促進します。
アナリティクスで、VR空間内でのユーザーの行動を可視化。VRモデルハウスのどの部屋を訪れたのか?どのタグをクリックしたのか?など、ユーザーの行動を把握することができます。

02 STAGES

施工段階ごとに撮影したVRキャプチャを重ね合わせて閲覧・管理することができるアプリケーション。
工程管理や隠蔽部の施工履歴、FM管理として記録できます。
さらに、VR空間上にペンツールやボイスメモを使用してメモを残すこともでき、遠隔での施工管理/監理を現実化します。

03 eコマース & AR

店舗やショールームなどで活用できるコンテンツ。タグにECサイトへのリンクを貼ることも可能です。商品の3DデータがあればAR化し、スマートフォンなどを利用して実空間へ配置することができます。家具のサイズ選びやインテリアコーディネートなどで利用することが多いでしょう。

イーコマース & AR

04 SIM-ON

3D/VR空間データに建物のあらゆる情報を埋め込み、建材や構造設備・機械の情報などをインターネット上で見える化できる、デジタル竣工に最適化したソリューション。 クラウドデータベースとして整理しておくことで、関係者がいつでも必要なときにアクセスでき、必要な情報を検索・取得できます。 例えば、電力消費量や太陽光の発電量をチェックしたり、クラウド保管した取扱説明書をいつでも取り出すことができます。